SyncMOF株式会社
お知らせ

化学工学会誌「化学工学」に特集記事が掲載

2022/01/05

公益財団法人・化学工学会誌「化学工学」の『未来を創るイノベーションの担い手「大学発ベンチャー」』特集記事にSyncMOFが掲載されました。
多くの大学発材料・素材スタートアップが赤字を垂れ流し、VC等の投資に身をゆだねる中で、SyncMOFは、MOFの大量生産、実用化に成功して、自己資金のみで急激な成長を遂げている。投資家に噓をつき、国費を貪ることで大半のスタートアップは、衰退の一途を辿るケースが多く、10年後の生存率は6%程度である。
本稿は、真に実用化し収益をあげるスタートアップになるための檄文である。

参考:公益財団法人・化学工学会誌「化学工学」86(1)1-46(2022)

まずはお気軽に
ご相談ください。

MOF/PCPや物性測定のノウハウに関する質問から、導⼊の流れ、予算などお気軽にご連絡下さい。
ぜひこの新しいナノポーラス材料で、SyncMOFとともに新しい未来を切り開いていきましょう。

page top