SyncMOF株式会社
お知らせ
  • HOME
  • お知らせ
  • 日刊工業新聞に当社の事業に関する記事が掲載されました

日刊工業新聞に当社の事業に関する記事が掲載されました

2020/03/19

2020年3月19日の日刊工業新聞にて当社の事業展開に関する記事が紹介されました。 CO2をはじめとする温室効果ガスを「2050年までに半減、今世紀中に排出ゼロ」にする。 2015年のパリ協定締結以降、このような世界規模の長期的な環境保全に対する取り組みがスタートしている。国際的な企業共同体“Getting to Zero Coalition”と金融機関が呼応する形で企業に 融資を行う際の基準に「対象とする企業の環境への配慮」を盛り込んでいる。環境への配慮を行わない企業は、金融機関からの融資が受けられないことになり、まさに環境へ配慮することが 全ての企業の事業戦略・事業成長を左右する重要な局面を迎えている。当社では、大気中からCO2を選択的に回収し削減する材料技術、水素ガスの大量貯蔵材料技術を駆使し、大企業が抱える課題に対し最適な解決策・技術提供を行います。皆様とともに「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成を支援し、企業成長を加速する当社の取り組みをご一読ください。

まずはお気軽に
ご相談ください。

MOF/PCPや物性測定のノウハウに関する質問から、導⼊の流れ、予算などお気軽にご連絡下さい。
ぜひこの新しいナノポーラス材料で、SyncMOFとともに新しい未来を切り開いていきましょう。

page top