SyncMOF株式会社
お知らせ
  • HOME
  • お知らせ
  • 化学工業日報に「精製・測定・貯蔵MOF装置揃う、ガス資源利活用」というタイトルでSyncMOFが紹介されました

化学工業日報に「精製・測定・貯蔵MOF装置揃う、ガス資源利活用」というタイトルでSyncMOFが紹介されました

2021/10/28

 国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)において、世界各国の気候変動についての新たな対策計画が公表された。特にCO2排出規制による温暖化防止措置は主要テーマであり、産業革命以降、急激な経済成長を遂げる人類の共通課題とされている。CO2排出量を実質ゼロにする(ネットゼロ)や炭素市場(カーボンマーケット)に対する施策等、これまで人類が直面したことがない「ガス関連の問題」を解決することが、人類に突き付けられた大きな課題である。今回のサミットは「人類のターニングポイント」と言われており、ネットゼロへの舵を切る各国の気候変動対策が披露された。岸田首相も、今後10年を勝負の10年と位置づけ、脱炭素社会の構築を目指すことを表明した。SyncMOFでも大企業とともにMOFを基盤とした省エネルギーなCO2の回収システムの構築を急ぐとともに、クリーンエネルギーとなる水素等のガス制御システムを共同開発している。

 企業の要望に合ったMOFを大量合成し、CO2回収システムや高効率ガス利用システムまで構築するSyncMOFの事業を化学工業日報にご紹介頂きました。また、この度、PoCの実機作成のためのガス施設の整備を行いました。他社でMOFを測定されて、下記のようなお悩みを持つ方は是非ご相談ください。

・MOFのガス吸着挙動が測定のたびに異なる。MOFが悪いのか測定が悪いのかよくわからない。

・MOFに関するセカンドオピニオンが欲しい。物性に関してMOFメーカー側の知識に乏しい説明に納得がいかない。

・MOFの測定データからPoCのための実機作製方法が分からない。MOFを用いたガス分離・回収装置を製作したい。

・MOFをトンレベルで大量合成したい。

まずはお気軽に
ご相談ください。

MOF/PCPや物性測定のノウハウに関する質問から、導⼊の流れ、予算などお気軽にご連絡下さい。
ぜひこの新しいナノポーラス材料で、SyncMOFとともに新しい未来を切り開いていきましょう。

page top