SyncMOF株式会社

合成・製造

Synthesis and manufacturing

合成・製造

MOFは合成できて当然、使えるようにして「真の価値」を生む

SyncMOFでは本当に必要なMOFをAIにより選定します。名古屋大学で培ったMOFの合成ノウハウを駆使してすれば純良なMOFが合成できるのは当然のことです。しかし、お客様が欲しいのは本当にMOFでしょうか?お客様が欲しいのは合成したMOFを使ってお客様が抱える課題を解決する力です。

我々は単なるMOF合成屋ではありません。MOFの合成は化学の知識を持った専門家が行い、そのMOFに課題解決能力を与えるのは物理学や工学、情報分野の専門家です。異分野の専門知識をもつエキスパートが結集し、様々な課題解決に日々取り組んでいます。SyncMOFをご利用いただくお客様はそのことを理解している方々です。抱えている課題や悩みを打ち明け、SyncMOFと共に他の企業にはない価値を自社製品に与えませんか。

高機能MOFを大量に

お客様とSyncMOFは常に同じゴールに向かって歩んでいます。お客様のゴールとは単にMOFというわけではなく、MOFを使ったこれまでにない革新的で他社の追随を許さない製品です。そのゴールの途中には超えなければならない壁があり、お客様は時折不安になられます。例えば、MOFの合成量のスケールアップです。製品開発は数ミリグラムの少量物性試験、小型試験機に搭載する数キログラムに始まり、最終的にはトンオーダーで材料が必要になってくるでしょう。中でも数キログラムというのが一番中途半端な量といえます。逆にトンオーダーでの高機能かつ純良なMOFの合成は難しくありません。

SyncMOFと数ミリグラムの合成からともに歩んできていただいたお客様だけが手にする高機能かつ高純度なMOFをご堪能ください。通常、MOFは粉末試料ですが錠剤、膜等様々な形に成形可能です。成形ノウハウに関してもお問い合わせください。

ご利用の流れ

  • ヒアリング

    1ヒアリング

    お客様の抱える課題を整理し、ゴールを設定します。クリアすべき目標値をお伝えください。

  • AIによるMOFの選定

    2AIによるMOFの選定

    これまでに報告例があるMOFは数万種類を超えました。MOFの専門家でも課題解決に適したMOFの選定は困難です。AIを駆使して目標値をクリアできるMOFを選定します。

  • MOFの合成

    3MOFの合成

    数ミリグラム、数キログラム、数トンのスケールアップを行います。SyncMOFの合成方法でスケールアップを行います。数ミリグラムから弊社と歩み続けたお客様だけが手にする本当の成果がここにあります。

  • MOFのデバイスへの組み込み

    4MOFのデバイスへの組み込み

    MOFを組み込んだ他社にはない製品開発を行います。組み込みに応じて錠剤、膜等の成形加工を行います。

まずはお気軽に
ご相談ください。

MOF/PCPや物性測定のノウハウに関する質問から、導⼊の流れ、予算などお気軽にご連絡下さい。
ぜひこの新しいナノポーラス材料で、SyncMOFとともに新しい未来を切り開いていきましょう。

page top