SyncMOF株式会社
お知らせ
  • HOME
  • お知らせ
  • SyncMOF、広島県での革新的な「イチゴ農業生産とCO2回収」プロジェクトに着手

SyncMOF、広島県での革新的な「イチゴ農業生産とCO2回収」プロジェクトに着手

2023/11/22

私たちSyncMOFは、アヲハタ株式会社、アンヴァール株式会社と共に、広島県で採択されたプロジェクト「イチゴ農業生産におけるCO2の回収と活用による生産性の向上」のキックオフを行いました。このプロジェクトは、CO2削減と農業生産性向上の両方を実現するため、SyncMOFの先進的なMOF技術を活用します。

未来指向の農業モデル

地球温暖化への対策として、産業革命以降のCO2急増問題に対処するためのビジネスモデルの再構築が急務とされています。本プロジェクトでは、大気中からCO2を新規多孔性材料MOFで回収し、それを農作物の生育に活用します。特にイチゴ育成過程にCO2を供給することで、生産性の向上と大気中のCO2削減を図ります。

CO2と水分の同時濃縮

SyncMOFが開発したMOFは、大気中から希薄なCO2と水分を同時に濃縮する能力を有しており、この技術を用いて、イチゴ育成用のビニールハウス内のCO2と湿度を最適化します。この革新的アプローチは、地球上のあらゆる場所での低エネルギー農業ビジネス展開への道を開くものです。

地球と宇宙の農業への展望

このプロジェクトは、地球温暖化の原因物質であるCO2を資源として再利用し、環境問題に対処する同時に、農作物育成過程でのCO2固定化にも直結します。さらに、JAXAが進める宇宙ステーションでの農作物育成プロジェクトにも応用可能であり、将来的に宇宙空間での居住におけるCO2回収と資源化にも寄与できる可能性を秘めています。

私たちSyncMOFは、このプロジェクトを通じて、持続可能な農業と環境保全への新たな一歩を踏み出し、未来指向の農業モデルを実現します。
皆様の食卓に並ぶアヲハタ株式会社のジャムの原料となる果物の生育過程において、近い将来当社の技術が用いられるように、緊密な連携を行いプロジェクトを推進していきます。

まずはお気軽に
ご相談ください。

MOF/PCPや物性測定のノウハウに関する質問から、導⼊の流れ、予算などお気軽にご連絡下さい。
ぜひこの新しいナノポーラス材料で、SyncMOFとともに新しい未来を切り開いていきましょう。

page top